DIJ konferenz

Japan - Konkurrent und Partner im globalen Wettbewerb (日本 - グロバリゼーションの中のライバルとパートナー)

 

1997年09月01日

 

ドイツ産業クラブ、ノルトライン・ウェストファーレン州商工会議所、独日協会、日独産業協力推進委員会の共同により開催されたシンポジウムにおいて、ドイツ-日本研究所の経営・経済研究部の研究員は、ドイツの産業界や産業協会の代表者に最新研究の結果を紹介する機会を得た。「日本経済の変更に関わる外資系企業のチャンス」(ヴァルデンベルガー / マイヤーオーレ / レゲヴィー)や「日本企業の再構成(リストラ)」(ヘンマート / ディルクス)の発表は、聴衆の関心を視野にいれたものであった。その他、日独産業協力推進委員会のフォンドラン氏、(株)ヘキストのウェシェ取締役や(有)エコスのメームケン氏などの発表があった。
この会議での参加者数が100名にもおよんだことは、ドイツ経済界が相変わらず日本の経済に関心を持っていることを証明したと言えよう。議論の中で述べられた少数意見は、情報不足またはマスコミの日本についての否定的な書き方によるものと思われる。本ワークショップを共催した組織は、今後とも情報提供などを通して正しい経済事情が理解されるように努力する。

 
 
Einführung
Rupert Vondran, Deutsch-Japanischer Wirtschaftskreis

[ Details ]
 
Erfahrungsbericht
Horst Wäsche, Hoechst AG
 
Japans Zuliefernetzwerke - Wird der Zugang offener?
Franz Waldenberger
 
Revolution in der japanischen Distribution. Eine Chance für deutsche Konsumgüter
Hendrik Meyer-Ohle
 
Stärke durch Kooperation - japanische und deutsche Unternehmen in Asien
Jochen Legewie
 
Japanisches Innovationsmanagement im Umbruch
Martin Hemmert
 
In Search of Excellence - Strategische Neuorientierung japanischer Unternehmen
Daniel Dirks
 
IHK-Firmenpool Japan - kostengünstiger Markteinstieg für den Mittelstand
Wilhelm F. Meemken, Ecos GmbH, Osnabrück

企画担当

  • Industrie-Club e.V., Chambers of Industry and Commerce in North Rhine/Westphalia, German-Japanese Society, German-Japanese Economic Council (DJW)