Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien

ズザンネ・ブルクシュ

主任研究員
社会科学
イノベーション研究・科学技術と社会の研究 (STS)
2016年6月 〜

brucksch@dijtokyo.org

ズザンネ・ブルクシュは、ドイツ日本研究所(DIJ)の主任研究員である。今までにベルリン自由大学で上級研究員、2016年に早稲田大学、2019年11月にはミュンヘンのマックス・プランク研究所にて(Max-Planck-Institute for Innovation and Competition)「イノベーションと競争研究」で客員研究員として在籍した。 現在ブルクシュは「Technical Innovation and Research Collaboration in Japan: The Field of Biomedical Engineering」と「Humans and Machines in Medical Context: Case Studies from Japan」に焦点を当てて研究を進めている。 DWIH東京(ドイツ科学・イノベーションフォーラム東京、2019年以降)の諮問委員会の委員長、およびVSJF e.V.(German Association for Social Science Research on Japan、2016年以降)の理事会の委員も委託され、科学技術と社会研究のセクションのオルガナイザーを任されている。

日本における「イノベーション、医療技術、ヘルスケア、科学技術と社会研究」分野に関する著作リスト:https://dijtokyo.academia.edu/SusanneBrucksch

DIJプロジェクト

日本における医療機器分野:イノベーション・ガバナンス、共同研究、医工連携活動と地域クラスター

終了DIJプロジェクト

日本における高齢化:在宅用ヘルスケア技術 [Aging in Japan: Domestic Healthcare Technologies in Place]