Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien

ズザンネ・ブルクシュ

社会科学、イノベーション、科学技術と社会研究

brucksch@dijtokyo.org

詳細な著作リストはこちらのリンクにもご覧ください:
https://dijtokyo.academia.edu/SusanneBrucksch

Although Japan has been one of the leading markets for medical products, most medical devices are imported to the country. Addressing this circumstance, the Japanese government launched a national STI strategy mentioning biomedical engineering as one focus area to achieve a “healthy and active ageing society as a top-runner in the world” through “reinforcing industrial competitiveness in the areas of pharmaceuticals and medical devices”. Despite the decline in innovation activities since the 1990s, Japan currently experiences a rise of ikō renkei (med-tech partnerships) at the interface between academia, industry and hospitals. This development is strongly supported by the newly established Japan Agency for Medical Research and Development (AMED) and various prefectural governments. By employing a multiple-actor research perspective on (biomedical) research collaborations and regional clusters in Japan, this research aims at exploring the organisation of med-tech partnerships and content of innovation activities as well as their institutional and socioeconomic context.

専門分野

  • イノベーション研究
  • 科学技術と社会研究
  • STIガバナンス
  • 組織間連携・協力・壁
  • 日本における医療機器分野のイノベーション活動・共同研究・連携・クラスタ・ガバナンス(新規研究プロジェクト、同時大学教員資格プロジェクト)

DIJプロジェクト

日本における高齢化:在宅用ヘルスケア技術 [Aging in Japan: Domestic Healthcare Technologies in Place]

Technical Innovation and Research Collaboration / Clusters: Biomedical Engineering in Japan

日本の地方自治体の将来は? 多様な課題がもたらすリスクとチャンス

主要著作

記事・論文

2016
[共著者: Wagner, Cosima] Introduction to the Technikstudien — Science & Technology Studies (STS) Research Initiative on Japan.
In: Wagner, Cosima; ズザンネ・ブルクシュ, (編) Technikstudien and STS: Launching a Research Initiative Regarding Intersections between Technology and Society in Japan. ASIEN 140. pp. 5-21.

発表

2017年7月26日

2017年3月31日
Opening Remarks on the Basic Ideas of the Workshop. Humans & Machines in Medical Contexts: Case Studies from Japan.

略 歴


2016年11月より
ドイツの現代日本社会科学学会(VSJF)役員

2016年6月より
ドイツ日本研究所 社会科学部 専任研究員 

2016年2月4月
EU Horizon 2020助成資金・早稲田大学リサーチフェロー

2009年 ‐ 2016年
ベルリン自由大学日本研究学部 常勤講師

2010年
ハレ大学 博士号取得

2008年
ハレ大学日本研究学部 非常勤講師

2004年 ‐ 2009年
専修大学特別研究生、ドイツ日本研究所奨学生

2000年 - 2004年
ハレ大学 日本研究専攻・政治学専攻 修士号取得

1999年 - 2000年
慶応義塾大学に留学

1997年 - 1999年
マールブルク大学 日本研究専攻・政治学専攻