Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien


東南アジアの経済危機とその転換-日本企業とヨーロッパ企業の戦略的対応をめぐって

1999年6月17日 - 1999年6月18日

1960年後半以降、東南アジアの経済成長において多国籍企業(MNC)は、対外投資、すなわち必要な資本や技術の提供を通して決定的な役割を果たしてきた。

だが、1997年に勃発した東南アジアの経済危機は、30年以上にわたって中断されることなく続いてきた経済成長に、突然の終焉を告げるものであった。このような状況の変化は、東南アジアにおける多国籍企業活動の多くの前提となっていたものを動揺させ、多国籍企業の戦略の転換をもたらしている。
 
こうした特殊な状況を考慮すれば、東南アジアにおける多国籍企業のこれからの行動のあり方を見通すことは、これまでの実際的な経験や理論的研究の欠如から困難であろうと思われる。したがってこの会議では、東南アジアの経済危機に対する日本企業とヨーロッパ企業の対応の共通点とその違いを、とくに生産やマーケティング、経営財務の分野における組織面での変化を中心に明らかにすることを課題としている。

危機の勃発から2年近くが経過しているが、多国籍企業の中・短期的な対応と、今後の展望を明らかにするには、この会議はタイムリーなものと言える。ヨーロッパ企業と日本企業を比較することで、開発途上国における多国籍企業の機能とその特徴について、一般的な結論を引き出すことができると同時に、それによって、こうした多国籍企業の活動に影響を及ぼす国ごとの相違の特徴とその程度を評価できるものと思う。受け入れ国の側からみれば、このような分析は、急激な落ち込みの一般的な投資動向や雇用情勢に対するマクロ・ミクロ・レベルのインパクトを考えるために、きわめて重要なものと思われる。

発表

1日目          1999年6月17日 (木)

9:30 - 12:30
コンファレンスの紹介と基調講演

The role of European, Japanese and American MNCs in the technologicaldevelopment of South- east Asian Industries (東南アジアの産業における技術開発でのヨーロッパ、日本、アメリカ多国籍企業の役割)
The Asian economy at the crossroads: Crisis -Etransformation -Eadaptation (岐路に立つアジアの経済:危機-転換-適応)

Toru Yanagihara, Asian Development Bank Institute 柳原 透(アジア開発銀行研究所) 

The multi-national corporation: The managerial challenges of globalizationand localization (多国籍企業:経営面での挑戦?グローバリゼーションとローカライゼーション )

Stephen Young, University of Strathclyde S.ヤング(ストラスクライド大学)

The role of European, Japanese and American MNCs in the technologicaldevelopment of South- east Asian Industries (東南アジアの産業における技術開発でのヨーロッパ、日本、アメリカ多国籍企業の役割)

Poh Kam Wong, National University of Singapore ウォン・ポー・カム(シンガポール国立大学)

14:00 - 17.30
セッション1: 生産

Options for strategic change (戦略転換のためのオプション )

Hideki Yoshihara, Kobe University 吉原 英樹(神戸大学)

Recent strategic changes by Japanese firms (日本企業の新たな戦略への転換)

ヨッヘン・レゲヴィー


ドイツ日本研究所

Recent strategic changes by European firms (ヨーロッパ企業の新たな戦略への転換)

Corrado Molteni, Milan State University and ISESAO-Bocconi University C.モルテニィー(ミラノ州立大学・ISESAO-Bocconi大学)

Comments by business representatives (ビジネス・サイドからのコメント )

Fumio Yoshimi, Mitsubishi Motors Corp., Wolfgang Haas, Freudenberg & Co. 吉見 文男(三菱自動車工業株式会社),W.ハース(フロイデンベルグ & Co.)

2日目          1999年6月18日 (金)

9:00-12:30
セッション2: マーケティング

Options for strategic change (戦略転換のためのオプション)

Tomoaki Sakano, Waseda University 坂野 友昭(早稲田大学)

Recent strategic changes by Japanese firms (日本企業の新たな戦略への転換)

ヘンドリック・マイヤー=オーレ


ドイツ日本研究所

Katsuhiko Hirasawa, Nihon University 平澤 克彦(日本大学)

Recent strategic changes by European firms

Keri Davies, University of Stirling K.ディヴィス(スティアリング大学)

Comments by business representatives (ビジネス・サイドからのコメント)

Hiroshi Hirai, Kao Corp., Garry Stubbs, AC Nielsen 平井 宏(花王株式会社) G.スタップス(AC ニールセン)

14:00 - 17:30
セッション3: 経営財務

Options for strategic change (戦略転換のためのオプション )

Andreas Grünbichler, St. Gallen University A.グリューンビヒラー(サン・ガレン大学)

Recent strategic changes by Japanese firms (日本企業の新たな戦略への転換)

Etsuko Katsu, Meiji University 勝 悦子(明治大学)

Recent strategic changes by European firms (ヨーロッパ企業の新たな戦略への転換)

Steen Hemmingsen, Copenhagen Business School S.ヘミングセン(コペンハーゲン・ビジネス・スクール)

Comments by business representatives (ビジネス・サイドからのコメント)

Isamu Hayase, Kajima Overseas Asia Pte. Ltd. 早瀬 勇(鹿島オーバーシーズ・アジア社)

18:00-20:00
パネル・ディスカッション

Going National, Regional or Global? ECorporate Strategies for SoutheastAsia after the Crisis 国内、地域、グローバル、どの道を選ぶか??危機後の企業の東南アジア戦略)(

Norio Gomi, Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.; General Manager,InternationalAffairs Department, Erhard -Reiber-Merck Group; General Manager Region Asia & Oceania Merck Group; General Manager Region Asia & Oceania 五味 紀男 -松下電器産業株式会社(副理事・国際関係部部長), エアハルト・ライバー-メルク グループ(アジア・オセアニア地域 ジェネラル・マネージャー), 四方田 康博 トヨタ自動車株式会社(海外営業アジア部企画室長)

関連研究プロジェクトおよびプログラム

日本経済の国際化

アジアにおける日本