Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien


Please subscribe to our DIJ Newsletter to stay informed about our research activities, events, and publications:

    Choose Subscription:

    = required field

    Contemporary Japan

    投稿論文の募集
    「Contemporary Japan」は年中に投稿論文のローリング・サブミッションを受け付けます。受理された投稿論文は速やかにオンライン・ファストで掲載されます。ご投稿をご希望される方は、こちらをご覧ください ⇨ Instructions for authors.

    Print ISSN 1869-2729 | Online ISSN 1869-2737
    ↓ Go to latest issues

    「Contemporary Japan」は、ドイツ日本研究所が編集し、Routledge (Taylor & Francis)社から年2回発行される国際的ジャーナルです。

    日本研究の学際的なプラットフォームとして、現代日本事情に関する研究から近現代史研究まで、文学、近代・現代史、哲学、法学、政治学、IR、経済学、社会学、人類学、カルチュラルスタディーズなどの様々な学術的な知見を網羅しています。日本社会に関する比較研究も歓迎します。他誌に未発表の学術論文を英文で掲載しています。投稿された原稿は、二名の外部査読者による審査を行います(ダブル・ブラインド法)。論文は、英語、ドイツ語または日本語のいずれかの言語で投稿できます。ドイツ語または日本語の投稿論文は、査読審査での掲載決定後、英語に翻訳されます。

    Contemporary Japan は先駆的な学術誌であり、著者にとって以下の長所があります:

    1. 社会科学及び人文系のすべての研究方法論を用いる投稿論文を受付します。
    1. 最先端の実証研究及び革新的理論の研究を歓迎し、比較研究や学際的研究も含まれます。但し、投稿論文の関連する研究領域への貢献が明確に示されていることが必須です。
    2. プロフェショナルかつ迅速な査読過程によって、受理された投稿論文は速やかにオンライン・ファストで掲載されます。

    研究論文の他、社会課題などに関するSpecial Issueの提案書も歓迎します。かつてのSpecial Issues はこちらにご覧ください.
    Special Issueの提案書に関するお問い合わせはこちら: me@contemporary-japan.org

    Contemporary Japan は最新の日本に関する本の書評も掲載します。書評に関するお問い合わせはこちら:book-review@contemporary-japan.org

    Contemporary Japan は現代日本社会科学学会 (VSJF, www.vsjf.net)との連携で出版されます 。2017年以降、Contemporary Japan は Taylor & Francis社のサブスクリプションベース になり、当社の “Social Science & Humanities Library” 及び “Politics, International Relations & Area Studies Subject Collection” のパッケージに含まれる購読ベースのジャーナルになっています。

    ご投稿をご希望される方は、こちらをご覧ください Instructions for authors

    編集顧問
    それぞれの学術分野で国際的に活躍している専門家が編集顧問を務めています。


    Editor-in-Chief

    Franz Waldenberger
    German Institute for Japanese Studies (DIJ)

    Managing Editor

    Isaac Gagne
    German Institute for Japanese Studies (DIJ)

    Editorial Board

    John Campbell
    University of Michigan, Political Science emer
    David Chiavacci
    Zurich University, Asia-Orient-Institute
    Harald Conrad
    Heinrich-Heine-Universität Düsseldorf, Modern Japanese Studies
    Florian Coulmas
    University of Duisburg-Essen, INEAST
    Harald Fuess
    Heidelberg University, Karl Jaspers Centre
    Sheldon Garon
    Princeton University, Department of History
    Hilaria Gössmann
    Universität Trier, Fachbereich II – Japanologie
    Nanette Gottlieb
    University of Queensland, School of Language and Cultures
    Patrick Heinrich
    Universita Ca’Foscari Venezia, Studi sull’Asia e sull’Africa Mediterranea
    Barbara G. Holthus
    German Institute for Japanese Studies (DIJ)
    Glenn Hook
    The University of Sheffield, NIJS, School of East Asian Studies
    Jun Imai
    Sophia University, Faculty of Human Sciences
    Kristina Iwata-Weickgenannt
    Nagoya University, Graduate School of Letters
    Axel Klein
    University of Duisburg-Essen, INEAST
    Rotem Kowner
    University of Haifa, Asian Studies
    Ilse Lenz
    Ruhr Universität Bochum (RUB), Social Sciences, emer
    Sébastian Lechevalier
    L’ecole des Hautes Etudes en Sciences Sociales, Centre de Recherches sur le Japon
    Wolfram Manzenreiter
    Universität Wien, Institut für Ostasienwissenschaften, Japanologie
    Tessa Morris-Suzuki
    Australian National University, College of Asia and the Pacific
    Hiroyuki Okamuro
    Hitotsubashi University, Graduate School of Economics
    Glenda Roberts
    Waseda University, Graduate School of Asia-Pacific Studies
    Frances McCall Rosenbluth
    Yale University
    Yoshimichi Sato
    Tohoku University, Graduate School of Arts and Letters
    Ulrike Schaede
    University of California, San Diego
    Sawako Shirahase
    The University of Tokyo, Graduate School of Humanities and Sociology
    Karen Shire
    University of Duisburg-Essen, INEAST
    Patricia G. Steinhoff
    University of Hawaii at Manoa, Dept. of Sociology
    Sven Steinmo
    European University Institute, Political and Social Sciences

     

    2022

    アイザック・ガーニエ
    Contemporary Japan 34, No. 2

    アイザック・ガーニエ
    Contemporary Japan 34, No. 1

    2021

    アイザック・ガーニエ
    Contemporary Japan 33, No. 2

    アイザック・ガーニエ
    Contemporary Japan 33, No. 1

    2020

    アイザック・ガーニエ
    Contemporary Japan 32, No. 2

    アイザック・ガーニエ
    Contemporary Japan 32, No. 1

    2019

    アイザック・ガーニエ
    Contemporary Japan 31, No. 2

    アイザック・ガーニエ
    Contemporary Japan 31, No. 1

    2018

    Gagné, Isaac
    Contemporary Japan 30, No. 2

    Gagné, Isaac
    Contemporary Japan 30, No. 1

    2017

    Manzenreiter, Wolfram
    Virtual Special Issue. Rural Japan Revisited

    Manzenreiter, Wolfram
    Contemporary Japan 29, No. 2. Squared Diaspora: Representations of the Japanese diaspora across time and space

    Reiher, Cornelia; Yamaguchi, Tomiko
    Contemporary Japan 29, No. 1

    2016

    シュテフェン・ハインリッヒ; トビアス・ソルドナー
    Contemporary Japan 28, No. 2

    Kavedžija, Iza
    Contemporary Japan 28, No. 1. Ethnographies of Hope in Contemporary Japan

    2015

    フェーベ・ステラー・ホルドグリューン; トルステン・ヴェーバー
    Contemporary Japan 27, No. 2

    Heinze, Ulrich; Matsunaga, Louella
    Contemporary Japan 27, No. 1. Body Concepts: Changing Discourses of the Body in Contemporary Japanese Society

    2014

    Vogt, Gabriele
    Contemporary Japan 26, No. 2. Destination Japan: Population Aging and International Labor Migration

    ティム・ティーフェンバッハ; クリス・ウィンクラー
    Contemporary Japan 26, No. 1

    2013

    Klein, Axel
    Contemporary Japan 25, No. 2

    Klein, Axel
    Contemporary Japan 25, No. 1

    2012

    スザンネ・クリーン
    Contemporary Japan 24, No. 2 Tourism and Travel in Japan

    アクセル・クライン
    Contemporary Japan 24, No. 1

    2011

    フローリアン・コールバッハ; カローラ・ホメリヒ
    Contemporary Japan 23, No. 2. Lifestyles in Transition - Antecedents and Consequences of Social Change

    フローリアン・コールバッハ; カローラ・ホメリヒ
    Contemporary Japan 23, No. 1. Lifestyles in Transition - Antecedents and Consequences of Social Change

    2010

    バーバラ・ホルトス; クリスティーナ  岩田
    Contemporary Japan 22, No. 1/2. Mind the Gap: Stratification and Social Inequalities in Japan