Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien

近代日本における社会変化-国家・家族・個人

この研究計画の出発点は、日本における社会の近代化プロセスの結果、どのような構造が形成されたか、というところにあった。これは先行する研究プロジェクト「戦後期日本の価値変化」とは対照をなすものであり、日本人の基礎的なメンタリティー構造ではなく、むしろ日本人の考え方や実際の行動に注目している。1960年代以降日本社会においても、例えば夫婦関係の動揺や女性の職場進出といった、ヨーロッパにおけるのと動揺の変化が多く観測されるのであるが、さりとて日本社会が西欧社会のたどった発展をそのまま踏襲しているとは言い切れない。本プロジェクトでは、日本の家族のありかた、青少年の性役割、政治改革の影響、高齢者介護の問題、人気テレビシリーズにおける家族像といった問題を、それぞれの角度から取り上げた。最後に挙げたテーマに関して、シンポジウム「日本のメディアにおける家族像」においておこなわれた講演をまとめたものは1998年に出版されている。


本プロジェクトにおいては、プロジェクトの枠内で毎年違った学際的な研究テーマを設定することとした。まず1997年には「家庭と地域における高齢者介護」を課題とした。この年、日本における65歳以上の高齢者の全人口に対して占める割合は15.5%と、ほぼドイツと同じであり、またドイツに数年遅れて介護保険制度の導入がおこなわれた。こうした事情を背景として、ドイツと日本の人口状況および社会政策の相違点と類似点の調査と分析をおこなった。このテーマについてのシンポジウムの企画と実施はラルフ・リュツェラーとクリスチャン・オーバーレンダーが担当した。


1998年のテーマに日本の政治システムの改革を選定した。政治システムによって規定されていた枠組みが変化したことにより、日本社会全体の変容はどの程度促進されたのだろうか。ラルフ・リュツェラーとベレーナ・ブレヒンガーは選挙制度の改革を調査し、その政治的決定過程と選挙行動への影響を分析した。同年7月の国際会議「日本の政治改革-日本のデモクラシーは新時代を迎えるか?」はさまざまな角度からこの時点までにおこなわれた改革と政界の反応を分析した。


1999年から2000年にかけては、男女の役割についての研究をプロジェクトの中心に据えた。ジェンダー研究の観点からは父親の役割の歴史的発展過程が、教育学の見地からは青年期の性的アイデンティティーの形成プロセスが、そしてアクチュアルな問題としてセクシャル・ハラスメントの問題が政治学の立場から、それぞれ研究された。担当者はベレーナ・ブレヒンガー、ハラルト・フース、スザンネ・クライツ=サンドベリである。このテーマに関して「青少年は異界を生きているのか?-日本とドイツの青少年比較」と題したシンポジウムが1999年4月に開催された。

スタッフ

前のスタッフ

クリスチャン・オーバーレンダー
社会保障・福祉・医療・科学政策

スザンヌ・クライツ-サンドベリ
教育学

ヒラリア・ゴスマン
日本学・日本現代文学

ハラルト・フース
社会史・ジェンダー研究

ベレーナ・ブレヒンガー
政治学

ラルフ・リュツェラー
地理学、人口学

主要著作

編集

1997
[ラルフ・リュツェラー] Die japanische Familie der Gegenwart -Wandel und Beharrung aus demographischer Sicht. Duisburg: Institut für Ostasienwissenschaften der Universität Duisburg.

記事・論文

1996
[リセッテ・ゲーパルト; スザンヌ・クライツ-サンドベリ] Suizid bei Jugendlichen in Japan und Deutschland. Ein Beitrag zur kulturvergleichenden Jugendforschung [Suicide in Japan and Germany. A Comparison from the Perspective of Youth Studies]
In: リセッテ・ゲーパルト, ; スザンヌ・クライツ-サンドベリ, (編) Japanstudien 8. Interkulturelle Perspektiven Japan - Deutschland. Japanstudien. Munich: iudicium Verlag. p.287-318.

ワーキングペーパー

1996
[スザンヌ・クライツ-サンドベリ] Jugendforschung in Japan: Die Bedeutung der Familie für die Entwicklung von Lebensentwürfen Jugendlicher. ワーキングペーパー ・ 報告書. Tōkyō: Deutsches Institut für Japanstudien.
1995
[ヒラリア・ゴスマン] Das Bild der Ehe und der Familie in den japanischen Fernsehdramen der 90er Jahre. ワーキングペーパー ・ 報告書. Tōkyō: Deutsches Institut für Japanstudien.