Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien

場所

ドイツ-日本研究所
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町7-1
上智紀尾井坂ビル 2F
電話:03(3222)5077
FAX:03(3222)5420


アクセス

共同主催者

横山詔一

登録情報

参加者は発表者のみですが、ご興味のある方はbackhaus@dijtokyo.orgまでご連絡ください。



日本の言語・文字生活

2007年3月15日


One characteristic of Japanese linguistics is its pronounced focus on empirical data. Of special interest in this respect has been research on the so-called language life (gengo seikatsu), language as it is used in everyday life. This strand of research has been developed particularly by the National Institute for Japanese Language (Kokuritsu kokugo kenkyūjo), which since its foundation in 1948 has done a variety of large-scale empirical surveys about the Japanese language life. In most of these cases, however, spoken language was in the centre of interest. The workshop, which was organized in cooperation with the National Institute for Japanese Language, dealt with methods for the empirical investigation of written language in everyday usage. The presentations were given in Japanese.

発表

10.00-10.15
開会の辞

フロリアン・クルマス


ドイツ日本研究所

10.15-11.00
「国立国語研究所の言語生活研究」

横山詔一 米田純子 (国立国語研究所)

11.00-11.45
「ネットを利用した俗字調査」

高田智和 (国立国語研究所)

11.45-13.15
休憩

13.15-14.00
「井上哲次郎の欧州留学と『哲学字彙』第三版の多言語表記」

真田治子 (埼玉学園大学)

14.00-14.45
「表記の地域差-寿司・鮨・鮓-」

笹原宏之 (早稲田大学)

14.45-15.00
休憩

15.00-15.45
「言語景観調査におけるGPSの利用-京都における文字調査-」

當山日出夫 (花園大学)

15.45-16.30
「言語景観の中の多言語生活」

ペート・バックハウス


ドイツ日本研究所

16.30
閉会