Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien
ヴィブケ・グリッミグ

ヴィブケ・グリッミグ

ヴィブケ・グリッミグ
文化人類学
2014年4月 〜
(奨学生, 2014年4月1日 - 2015年3月31日)

grimmig@dijtokyo.org

研究の興味:伝記、性別、
災害、アイデンティティ、感情、
変容、社会動向

論文
転換点としての福島? – 現代日本における
アーティストの伝記での災害の経験と感情。

日本の3月11日の地震と津波の後、世界中から人々がこの災害の社会的·政治的な影響についての懸念を表明した。このプロジェクトは、3月11日の災害に影響を受けた、現実と創造性の狭間に没頭した日本の芸術家達に関するものである。これらの芸術家達が、感情的に動揺した時期に、彼らの仕事と人々を助けることが出来るという多方面に渡ることを再発見した時、彼らはトラウマに対処することについての議論の中心となる。これらの芸術家達は、政治的、社会的変化、そして日本の変換に関わっている。国際的状況の代行者として芸術家達は、情報を得、交換する時、社会の情報提供をリードする。そして、談話の開始を助ける。このプロジェクトにおいて、主な関心事は、3月11日の災害の日本社会における生活と芸術家達の仕事の重要性にある