Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien

日本の政治

 1998年1月年 - 1971年7月

このDIJ研究プロジェクトにおいては、1990年代末の日本政治と行政という、アクチュアルな問題に取り組んだ。ここでは本研究所に所属する専門家たちがさまざまな観点から、日本の政治システムと対外関係がいかなる発展を遂げてきたのか、とくに構造的な危機の中で改革にいかにして取り組んでいるのか、という問題を調査した。例えば、ベレーナ・ブレヒンガーとラルフ・リュツェラーは衆議院の選挙制度改革に関する研究をおこなった。

日本における政治的改革プロセスはどのように進展し、またそれは何をもたらしたのだろうか。この問題は、ベレーナ・ブレヒンガーを中心として1998年7月に開催された国際会議においても主要なテーマとなった。この会議では「日本の政治改革-日本のデモクラシーは新時代を迎えるか?」と題し、全部で4つのパネルディスカッションがおこなわれた。これまで日本において実行された改革が、それぞれ選挙制度、政党再編、政治資金問題、行政改革をテーマとする各セクションに分かれて分析・評価された。


イベント

1998年7月17日
シンポジウム・会議
Political Reform in Japan - Entering a New Era of Japanese Democracy? (日本の政治改革-日本のデモクラシーは新時代を迎えるか)

スタッフ

ベレーナ・ブレヒンガー ベレーナ・ブレヒンガー (〜 2002年1月)
政治学

ラルフ・リュツェラー ラルフ・リュツェラー (〜 2010年8月)
地理学、人口学