Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien

介護施設における職員と入所者のコミュニケーション

プロジェクト期間: 1969年12月年 - 2012年7月

急速に進む日本人口の高齢化に伴って、施設介護を必要とする高齢者の数がますます増えている。本プロジェクトは介護施設の現場におけるコミュニケーションを研究するものである。主に介護職員と入所者の間の言語行動に焦点をあてることとする。検討される課題は次の通りである。

  • 入所者・介護職員間のコミュニケーションにおける基本的な特徴
  • 個人的なニーズと施設内の秩序を調和させる言語的方策
  • 日本以外の国の介護施設におけるコミュニケーションの比較
  • 介護コミュニケーションの改善の可能性

データは、埼玉県にある私立介護老人保健施設で起床介護中に録音した110程の会話である。分析は会話の量的、質的の両面から行い、相手の呼び方、敬語の使用、会話の開始と終了、話題の管理、ユーモアや笑いの活用などについて解析する。


イベント

2009年10月1日
シンポジウム・会議
高齢者介護施設におけるコミュニケーション:異文化間比較の観点から

2009年4月25日
ワークショップ
「医療・介護の現場におけるコミュニケーション―『福祉言語学』の視点に立って―」

スタッフ

ペート・バックハウス ペート・バックハウス (〜 2010年3月)
言語学