Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien

Contact

German Institute for Japanese Studies
Dr. Susanne Brucksch
Jochi Kioizaka Bldg. 2F
7-1 Kioicho
Chiyoda-ku, Tokyo 102-0094
Japan

+81 (0)3 3222-5077
health-tech-japan@dijtokyo.org

Project Partner

German Institute for Japanese Studies
Dr. Susanne Brucksch

LeidenAsiaCentre, The Netherlands
Prof. Dr. Kasia Cwiertka

Research Project: “Aging Japan: Leading the way into the future”

日本における高齢化:在宅用ヘルスケア技術 [Aging in Japan: Domestic Healthcare Technologies in Place]

ドイツ日本研究所(DIJ Tokyo)とライデン大学・アジアセンター(LeidenAsiaCentre)との共同研究

<背景>
 日本は高齢化において世界の先頭を走っている。現在日本人の8人に1人は75歳以上であり、2030年には人口の3分の1が高齢者となる。このような人口構造の急激な変化は日本だけに限られた現象ではなく、世界的な潮流となるだろう。先進国(OECD諸国)では出生率の低下と平均寿命の延長がもっとも顕著に起こっているが、同様の傾向は発展途上国でも見られるようになってきている。
 「Aging in Japan: Domestic Healthcare Technologies in Place 日本における高齢化:在宅利用ヘルスケア技術」はドイツ日本研究所(DIJ Tokyo)とライデン大学・アジアセンター(LeidenAsiaCentre)の共同研究プロジェクトである。より正確には、この共同研究はライデン大学・アジアセンターの「Aging Japan: Leading the way into the future 高齢化する日本:未来に向けて道を切り開く」プロジェクトおよびドイツ日本研究所の「The Future of Local Communities in Japan. Risks and Opportunities in Face of Multiple Challenges 日本の地方自治体の将来:様々な課題からみるリスクとチャンス」プロジェクトという大きな研究スキームの一部である。

<着目点>
 高齢化社会はどのような問題に直面するのか?どのようなイノベーションや解決策が困難を効果的に解決するのか?現在提案されている解決策は実生活の中で本当に効果を生むのか?本プロジェクトはこのような問いに対して実証的なエビデンスをもたらすことを目的としている。分析は、高度技術を活用した在宅ケアに着目する。具体的には遠隔ケアサービスやロボットなど、高齢者と技術の相互的な関わりについて探索する。日本の人口構造の変化はハイスピードかつ強烈であるが、日本の市場の柔軟性と日本企業のイノベーション能力とが合わさることにより、高齢化する社会の日常生活を切り拓く点において、世界に例を見ない実例を示してくれている。

<研究者(東京)>

  • Dr. Susanne Brucksch (ズザンネ・ブルクシュ): (「日本における高齢化:適切な場所で用いられる家庭内のヘルスケア技術」プロジェクト・リーダー)
  • 櫻井純子:公衆衛生学修士
  • 赤池美紀:経営学修士
  • 増田理恵:公衆衛生学修士
  • 芳賀和江:経済学博士(協力者)

<研究者(ライデン, オランダ)>

  • Prof. Dr. Kasia Cwiertka:(「高齢化する日本:未来に向けて道を切り開く」プロジェクト・ディレクター)
  • Anoma van der Veere、M.A.
  • Pam van Ipenburg、B.A.

Homepage of LeidenAsiaCentre
Website of the Research Project “Aging Japan: Leading the way into the future”

スタッフ

ズザンネ・ブルクシュ
(社会科学、イノベーション、科学技術と社会研究)

プロジェクト

Technical Innovation and Research Collaboration / Clusters: Biomedical Engineering in Japan

日本の地方自治体の将来は? 多様な課題がもたらすリスクとチャンス

イベント

2017年3月31日
ワークショップ
Humans & Machines in Medical Contexts: Case Studies from Japan