Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien

日本経済が直面している挑戦 – アベノミクスを超えて

 2014年10月年〜

日本経済は大きな課題に直面している。具体的には少子高齢化、財政と金融制度の安定化、格差社会、グローバル化、第4次産業革命などである。安倍政権が打ち立てたアベノミクスは、金融政策、研究開発・技術政策、地方の創生 、コーポレート・ガバナンス、生産性の改善、男女平等、働き方改革など、多くの野心的な経済政策目標を含んでいる。政府はアベノミクスを前面に打ち出して世論を支配している。しかし、政策の多くは厳密な意味での経済学的分析に乏しく、これは国の政策の効率性という基礎的な部分のみならず、個別措置の適合性にまで至る。本研究は、アベノミクスが提唱した措置のうち、金融・財政、コーポレート・ガバナンス改革、雇用、生産性に関する政策分野について、目標設定およびツールの評価を行い、制度比較分析を用いて政策の代替案に関する考察も行う。これにより、学術的議論と同時に、各政策分野における世論にも貢献する。