Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien

ダウンロード

場所

JDZB
Saargemuender Str. 2
14195 Berlin

共同主催者

German Institute for Japanese Studies (DIJ), Japanese-German Center Berlin (JDZB)



International Symposium

Happiness – Does Culture Matter? (「幸福――文化による相違は存在するか」)

2011年11月21日 - 2011年11月22日

「幸福と所得間の矛盾」に関する研究は多々あるものの、未だ結論には達していません。この関連で、とりわけ日本に対する関心には並ならぬものがあります。というのも、日本では、過去数十年の間、国民一人当たりの所得は数倍に増えたものの、国民の幸福感・満足感がこれに比例することはなかったからで す。先進産業国で類似する傾向は既に確認されていましたが、西洋諸国以外の国で同現象が発現したのは日本が最初です。幸福が複数の要因によって左右される ことは広く認められていることですが、幸福論は常に発展と充足に基づく西洋型思考に基づいて論じられてきました。アメリカ独立戦争およびフランス革命以 来、幸福は天から降り落ちるものではなく、努力して獲得すべきものとの認識が普及しています。このような認識が、西洋文化圏以外にも該当し得るか、個人の 幸福を西洋諸国ほど称賛しないアジア文化圏ではどうか、それぞれの社会の一員にとり物質的快適性や資産はどのような意義を有するか、それらは個人の快感度 をどの程度左右しているのか。

日本は社会的・経済的に西洋諸国に類似する発展を遂げてきましたが、文化的背景が異なるため、幸福感における 文化の役割を研究するのに、最適な研究対象となります。本日独ワークショップではドイツ日本研究所の研究員と、日独の経済学者、社会学者、文化人類学者をはじめとする様々な分野の学者・研 究者を一堂に会させ、幸福の機能方法を調査しました。

発表

1日目          2011年11月21日 (月)

12:00
Lunch for Speakers and Organisers

13:00
Welcome

Friederike BOSSE (JDZB)

Introduction

フロリアン・クルマス


ドイツ日本研究所

スザンネ・クリーン


ドイツ日本研究所

カローラ・ホメリヒ


ドイツ日本研究所

13:30
Session 1: Meanings of Happiness in Cross-cultural Comparison

Chair

カローラ・ホメリヒ


ドイツ日本研究所

Happiness, Culture and Context

Gordon MATHEWS (Chinese University of Hong Kong)

Meanings of happiness in cross-cultural comparison

Yukiko UCHIDA (Kyoto University)

15:00
Coffee Break

15:30
Session 2 : Methodological Reflections: How to approach Happiness

Chair

スザンネ・クリーン


ドイツ日本研究所

East-West difference in happiness: Cultural bias or cultural causation?

Ruut VEENHOVEN (Erasmus University Rotterdam)

Happiness as collaborative autobiography: towards more realistic, culturally embedded, and empathic happiness studies

Neil THIN (University of Edinburgh)

17:50
Remarks on the “Study Commission on Growth, Wellbeing and Quality of Life”

Dr. Wolfram BACKERT (Secretariat, “Study Commission on Growth, Wellbeing and Quality of Life”)

18:00
Remarks on the “Working Gorup on Happiness” at the Cabinet’s Office

Yukiko UCHIDA (Kyoto University)

18:10
Discussion with Daniela KOLBE, MP

18:30
Dinner

2日目          2011年11月22日 (火)

9:00
Session 3: Achievement of Happiness

Chair

クリス・ウィンクラー


ドイツ日本研究所

Happiness – The Policy Issue

Bruno FREY (University of Zurich)

The Pursuit of Happiness: Wellbeing in an Unequal World

Kate PICKETT (University of York)

10:30
Coffee Break

11:00
Session 4: Case Studies

Chair

スザンネ・クリーン


ドイツ日本研究所

Happiness and social cohesion in Britain and Japan: a comparative study of two island economies

Dimitris BALLAS (University of Sheffield)

Status Anxiety, Subjective Exclusion and Happiness – a German-Japanese Comparison

カローラ・ホメリヒ


ドイツ日本研究所

How to make voters happy? An analysis of political parties’ promise of happiness made in election manifestos

クリス・ウィンクラー


ドイツ日本研究所

12:30
Lunch

14:00
Session 5: Development, Social Progress and Happiness

Chair

カローラ・ホメリヒ


ドイツ日本研究所

Local Development Vision Project and People’s Life Evaluation in Hyogo

Takayoshi KUSAGO (Kansai University)

The Quest for a New Way of Life beyond Material Affluence: Aspirations, Expectations and Experiences of Young Urban In-migrants to Rural Areas in Contemporary Japan

スザンネ・クリーン


ドイツ日本研究所

Attitude about international development among university students in Japan

Motoi SUZUKI (National Museum of Ethnology Osaka)

15:30
Coffee Break

16:00
Final Discussion

Chair

フロリアン・クルマス


ドイツ日本研究所

17:30
End of the symposium

関連研究プロジェクト

幸福の所在―その変容と持続