Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien

ドイツ日本研究所

ドイツ日本研究所は東京に拠点を持つドイツの研究機関である。現代日本をグローバル化する世界というコンテキストにおいて研究することがDIJの研究課題である。

詳細を見る

イベント&アクティビティ

イベント
その他
2018年2月28日

WeberWorldCafé: Demographic Change – Challenges and Answers for Local Communities

Many modern societies are increasingly confronting demographic change, i.e. the ageing and shrinking of population. This is particularly true for Japan and Germany, which are the worldwide “front-runners”. The social, economic and political implications are most strongly and directly felt at the level of local communities.

The idea of the WeberWorldCafé on “Demographic Change – Challenges and Answers for Local Communities” jointly conceived and organized by the German Institute of Japanese Studies (Tokyo) and the Institute of Gerontology at the Technical University of Dortmund is to bring together researchers, policy makers and civic society representatives with proven expertise in local demographic policies from Germany, the EU and Japan, to discuss how local communities can best prepare to cope with the demographic challenge.

イベント
その他
2017年10月2日(月)~10月31日(火)

書籍共同展示:
没・90年 芥川龍之介

2017年は大正時代の文豪、芥川龍之介の没後90年に当たります。

国際文化会館、日仏会館、ドイツ日本研究所の各図書室では、芥川作品の翻訳書や研究書を展示します。

この機会に、数々の名作の英語版、フランス語版、ドイツ語版をぜひご覧ください。

イベント
その他
2017年3月1日 - 2017年4月7日

書籍共同展示
幕末の日本

大政奉還から150年。

1853年のペリー来航から1867年の大政奉還までの間に繰り広げられたヨーロッパ、北米などの国々と幕末日本の歴史を示す資料を各館で展示します。

展示内容・入室等のお問い合わせは各図書室にお願いいたします。

イベント
その他
2017年3月9日

エネルギー転換 (Energiewende) ― ドイツと日本のエネルギー転換の未来

ドイツ語で“Energiewende”と呼ばれる「エネルギー転換」とは、電力・熱・交通部門での化石燃料や原子力の使用からの脱却と、エネルギー効率を改善しながら自然エネルギーへの移行を図る政策・実践を示しています。

この共催イベントでは、ドイツと日本のエネルギー転換の可能性と挑戦について議論されます。ドイツのシンクタンク、アゴラ・エナギーヴェンデからはディミトリ・ペシア氏、日本の自然エネルギー財団からは大林ミカ氏が登壇します。自然エネルギー財団とアゴラ・エナギーヴェンデは、3月頭に共同レポート『ドイツのエネルギー転換  10 の Q&A -日本への教訓』を公開したばかりです。

本イベントでは、まず、レポートの共同執筆者であるディミトリ・ペシア氏が、ドイツのエネルギー転換の最新事情についてお話します。つづいて、大林ミカ氏が、日本のエネルギー政策に関する話題提供を行います。そして最後に、質疑応答の時間を設けています。なお、イベント後は、軽食をご用意しています。

イベント
その他
2017年2月20日

政府債務-ドイツはなぜ財政健全化を重視するのか?

ベルンハルト・シュルテ=ドリュッゲルテ
ドイツ連邦議会議員
フランツ・ヴァルデンベルガー
ドイツ日本研究所

ドイツと日本の財政政策には大きな隔たりがあります。ドイツは財政健全化を重視しています。同国にはマーストリヒト条約の安定成長協定で定められた債務上限が課せられている上に、憲法には均衡財政を想定した「債務ブレーキ」条項が規定されています。

一方、日本は今や債務残高の対GDP比でOECDの最上位に位置していますが、財政健全化の政策優先度はそれほど高くありません。

イベント
その他
2017年2月7日

Book Launch: Social Inequality in Post-Growth Japan Transformation during Economic and Demographic Stagnation

Speakers:
David Chiavacci
Mercator Professor in Social Science of Japan, University of Zurich
Carola Hommerich
Associate Professor of Sociology, Hokkaido University
Sawako Shirahase
Professor of Sociology, The University of Tokyo

In recent decades Japan has changed from a strongly growing, economically successful country regarded as prime example of social equality and inclusion to a country with a stagnating economy, a shrinking population and a very high proportion of elderly people. New forms of inequality have been emerging and deepening, and a new perception of Japan as “gap society” (kakusa shakai) has become commonly acknowledged.
The book provides a comprehensive overview of inequality in contemporary Japan. It examines inequality in labor and employment, welfare and family, education and social mobility, in the urban-rural divide, and with regard to immigration, ethnic minorities and gender.

イベント
その他
2016年11月24日

WeberWorldCafé: Diversity – Limits and Opportunities

The WeberWorldCafé is an interactive, biannual event format that brings together researchers and practitioners from various disciplines and regions who meet and exchange their thoughts in a relaxed, coffeehouse-like atmosphere.

To enrich the discussions we particularly invite students, young scholars and the interested public to participate in the talks.

Scheduled:
November 24, 2016 | 3:00 P.M. – 6:00 P.M.

Registration deadline:
November 22, 2016

その他
2016年10月1日

NHK World TV “GLOBAL AGENDA” Debate: Impact of “Abenomics” and the Global Economy Whereabouts

The 100 minutes debate will be broadcasted on NHK World’s upcoming “GLOBAL AGENDA” debate program:

  • October 1 at 10:10 A.M. / 4:10 P.M. / 10:10 P.M. (JST)
  • October 2 at 4:10 A.M. (JST)

Panelists:

nhk-global-agenda-092016

From left to right:
Naoyuki Shinohara
Professor at Policy Alternatives Research Institute, The University of Tokyo

Motoshige Itoh
Professor at Gakushuin University
Professor Emeritus, The University of Tokyo

Gerald L. Curtis
Burgess Professor Emeritus of Political Science at Columbia University

Franz Waldenberger
Director, German Institute for Japanese Studies

Hiroyuki Yanagi
President, Chief Executive Officer and Representative Director of Yamaha Motor Co., Ltd

最新イベント

2018年07月25日
  • DIJ 社会科学研究会
    18:30 ~ 20:00

    "Impact of shareholder-value pursuit on labor policies of large companies listed in the Nikkei 400"

Call for Papers

International Workshop
Labour Market Liberalisation after the Lehman Crisis: France, Germany and Japan in Comparative Perspective
until July 30, 2018


Contemporary Japan
Issue 30, No. 2
until August 1, 2018

Exlibris

DIJ Monographien, Volume 61

DIJ Monographien, Volume 61

“Networks and Mobilization Processes: The Case of the Japanese Anti-Nuclear Movement after Fukushima” — by Anna Wiemann

道案内

ドイツ-日本研究所
〒102-0094 東京都千代田区
紀尾井町7-1 上智紀尾井坂ビル 2F
道案内

+81 (0)3 3222-5077
+81 (0)3 3222-5420
dijtokyo@dijtokyo.org


Max Weber Foundation Research Group on Borders, Mobility and New Infrastructures

ツイッター|@dij_tokyo

DIJ Tokyo's Twitter avatar
DIJ Tokyo
@dij_tokyo

☝️💡 Upcoming #DIJStudyGroup! Kostiantyn Ovsiannikov from the University of Tsukuba (@UofTsukuba) will talk about t… t.co/1PUY4D8gGg

Barbara Holthus's Twitter avatar
Barbara Holthus
@barbGhawaii

Researching rural happiness in Aso. While there, experiencing a Japanese “Powerspots”. Very popular these days in… t.co/qtZ5tK7BPJ

Retweeted by DIJ Tokyo
DIJ Tokyo's Twitter avatar
DIJ Tokyo
@dij_tokyo

The #DIJNewsletter No. 57 is out now! German and English versions are available for download on our website: 🇩🇪… t.co/BYbYkm4ovu

 


 
 
max-weber-stiftung-logo