Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien

マリツ・ダーヴィト

マリツ・ダーヴィト
近現代日本・タイ史、グローバルスタディーズ
2021年9月 〜

malitz@dijtokyo.org

マリツ・ダーヴィトは2021年9月よりドイツ日本研究所専任研究員。

マンハイム大学およびハイデルベルグ大学で修 士 号(経営学、日本学)を、ミュンヘンのルートヴィヒ・マクシミリアン大学で2016年に博士号(日本学)を 取得。博士論文のテーマは日本とタイの関係史。日本学術振興会の奨学生として京都大学東南アジア研究所のほか、バンコクのタマサート・チュラーロンコーン大学で研究を行なった。学位取得までの期間、ロンドンおよびやデュッセルドルフにて金融業に従事。2015年1月、バンコクのアサンプション大学経営学の講師に着任。2017年から2021年7月まで、チュラーロンコーン大学人文学部のグローバルスタディーズの講師を勤める。バンコク滞在中、日タイ関係およびタイ国近代史に関する研究に取り組んだ。

現在ドイツ日本研究所では、日本や東南アジア諸国における「健康インフラストラクチャー、ネットワークとディプロマシー」というプロジェクトに取り組んでいる。