Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien
アンドレア・ゲルマー

アンドレア・ゲルマー

アンドレア・ゲルマー
ジェンダー研究・歴史学
2001年9月 〜
(専任研究員, 2001年9月1日 - 2007年6月30日)

  • 日本のジェンダー研究、女性史

  • フェミニズム理論

  • 女性運動、社会運動

    日本の女性史学:
    1980年代から女性史学の出版物の数が明確に増えている。「日本女性史研究文献目録」によると1982 から1987の間だけで約3000の女性史研究書が出版された。この比較的新しい学科のノン・アカデミックとアカデミックの発展を科学歴史上の視点から検討する。

    ジェンダーと文化上の自己構成:
    一般的に女性史およびジェンダー史学は、歴史学上で受け入れられてきた「女性」というアイデンティティを再建すること、または論理的に分解することを目指してきた。日本の歴史学における女性史研究には、性とジェンダーに関する学問的なアプローチと同様に、独特な文化要素が加わった「日本女性」や「日本女性史」の再建、又は理論的な分解がある。高群逸枝を中心とする女性史学先駆者たちのそれぞれの学問的立場を「ジェンダーと文化による自己構成」又は「自己主張の」視点から分析するつもりである。

  • DIJプロジェクト

    終了DIJプロジェクト

    Images of the Nation: Gender, Race, and Culture in Women’s

    Geschichtstheorien der Historischen Frauenforschung

    東アジアにおける文化的自己主張