Deutsches Institut für Japanstudien nav lang search
日本語EnglishDeutsch
Deutsches Institut für Japanstudien

ヨッヘン・レゲヴィー

経済学・経済地理学
1996年10月 〜
(専任研究員, 1996年10月1日 - 2001年2月28日)

輸送とロジスティクス


旅客輸送と貨物輸送に求められるものがこの20年間に質的にも量的にも変化し、その需要が増大したことによって、日本のそれぞれの輸送システムの効率が高められた。今までの研究では、今日の貨物輸送における再編成された経営上の空間的なロジスティクスに起因する傾向に焦点を当ててきた。


国際経済


日本は1970年代から増大する世界経済に統合させられたが、今日までの貿易と海外投資の関わり方を国際的に比較してみた場合、多くの特徴を挙げることができる。ここでは、マクロ経済的な発展と個々の企業の国際戦略を取り上げる。また、90年代に日本の貿易と海外投資にとって最も重要な地域となったアジア経済圏との関係を重点的に分析する。なお、地域経済協力機構の枠組みの中における日本の役割についても研究する。


産業地理


日本の産業の特別な位置付けについて欧米先進諸国と比較した時に、日本は比較的遅れて発展したばかりでなく、ある意味で固有の空間的な特徴と発展のプロセスを持っているといえる。さらに、産業の生産過程におけるそれぞれの分野においては、日本が発展するための決定的な刺激(例えば、ジャスト・イン・タイム)を与えて、今日に至るまで世界中に及ぶ実質的、空間的な産業組織を構築した。今日の産業地理の発展に関する研究の中には、日本の企業の生産ネットワークが国際的に、国境を越えて構築されたことについての分析も含める。

DIJプロジェクト

終了DIJプロジェクト

アジアにおける日本

日本経済の国際化